開校の経緯


                   ふたば未来学園高等学校 開校の経緯


○ 震災と原発事故という、人類が経験したことのないような災害に見舞われ、いまなお、12万人の県民がふるさとを離れた地で、5度目の春を迎えている(平成27年春の時点)。避難している人に限らず、多くの県民が抱える困難は、今なお続いている。


○ 双葉郡をはじめとした福島県の各地域では、、震災と原発事故がもたらした被害や放射線への対応などの深刻な問題だけではなく、日本のあらゆる地域が直面している、少子化、高齢化、過疎化の急激な進行、疲弊する産業など地域・コミュニティが直面する課題が、震災と原発事故により、先鋭化している。双葉郡そして福島県はある意味で世界の「課題先進地域」となっている。


○ 教育においては、震災前双葉郡に5校あった県立高校(双葉高校、浪江高校、浪江高 校津島校、富岡高校、双葉翔陽高校)は、県内外各地に設けたサテライト校で授業を続け、教育環境の整備に最大限努めてきたが、元の校舎での授業再開のめどが立たず、平成27年度からの募集を停止した。郡内で開校している高校が存在しない状況が4年間続いたことになる。


○ このような中、双葉地区教育長会が主催する「福島県双葉郡教育復興に関する協議会」(平成24年12月設置)において、平成25年7月末に、県立中高一貫校の設置を柱とする「福島 県双葉郡教育復興ビジョン」を決定・公表。双葉地区教育長会では、ビジョンの検討と同時並行で、「双葉郡子供未来会議」を実施。子供たちの考える双葉郡の教育として『動く授業』『世界とつながる』『夢を見つけるたくさんの「小さな窓」』等のキーワードが生まれた。


○ 県と双葉郡地方町村会の協議の結果、中高一貫校については平成27年4月開校とされ、設置場所については広野町とすることが決定された。(中高一貫教育は、連携型で開始)