入学者選抜情報

【平成30年度入学者選抜情報についての重要なお知らせ】

平成30年度Ⅰ期選抜・連携型選抜における募集要項・志願理由書用紙等及び平成30年度入学生入寮申込みについて掲載しました。

*上記メニューの「入学者選抜情報」からお入りいただき、募集要項・志願理由書用紙等をダウンロードして御利用ください。

 

カウンタ

COUNTER475218

産業社会と人間

産業社会と人間
2017/10/11

【産業社会と人間(1年次)】平田オリザ先生にご指導頂きました

| by システム管理者
 10月4日(水)、1年次生の産業社会と人間の授業において、平田オリザ先生より演劇のプロット作成についてご指導をいただき、実際にプロットの作成に入りました。
 生徒は次々と挙手をし、積極的にオリザ先生にご指導をいただいていました。
 次回からは各班に分かれ、オリザ先生と一緒に来校される青年団の方々にもご協力いただき、ご指導をいただく予定です。

☆全体指導                 ☆班ごとにご指導をいただきました。
   
18:34 | 報告事項
2017/09/29

産業社会と人間(1年次)「フィールドワーク活動」

| by システム管理者
 1年生は引き続き、双葉郡の震災前後の課題を取材して演劇にする授業を行っています。
9月上旬に新聞記者の方を講師にお招き、取材の極意をご指導いただきました。
 9月27日に広野町・富岡町・楢葉町・大熊町に分かれ、フィールドワーク・取材活動を行いました。取材の極意を活かして、真剣に活動に取り組みました。

<取材の極意>
☆道場で極意を伝授していただきました。   ☆教室でもご指導いただきました。
 
<フィールドワーク当日>




17:05 | 報告事項
2017/09/29

産業社会と人間(1年次)「平田オリザ先生の授業」

| by システム管理者
 1年次生の授業「産業社会と人間」では、双葉郡の復興や世界に貢献する「変革者」の育成を目指し、双葉郡の震災前後の課題を取材して、演劇にする授業を行っています。
 演劇の作成に向けて、平田オリザ先生をお招きしてご指導をいただいています。

☆アイスブレイクの様子
   
17:00 | 報告事項
2016/11/04

「ふるさと創造学」の演劇を紹介します

| by システム管理者
 「ふるさと創造学」とは、子どもたちが主体的に参加し、仲間と深く考えながら課題を解決しようとする教育活動です。双葉郡の中学校などと連携し、課題が山積する地域の未来を切り開く学びです。本校では、1年次の「産業社会と人間」で、地域の課題を調査するために、現地を訪問し、フィールドワークで現地を取材訪問して、自分たちが考えたことを演劇で表現します。

〈フィールドワークの様子〉
富岡町土木事務所              レストラン アルパインローズ
  
〈演劇指導の様子〉
インタビュー練習
  
10:12 | 報告事項
2016/04/21

1年 スキル学習

| by システム管理者
1年の「産業社会と人間」の時間で、スキル学習が行われました。
 ↓ アイスブレイク 

 
 ↓ アクティブラーニングって?

 ↓ 君は、のび太君タイプ?

 ↓ 自他を尊重するコミュニケーションの仕方って?

 ↓ 実際にやってみよう!


 ↓ 他者紹介  あちこちで、出会いが生まれています。

 ↓ 何かが生まれるかな?

19:02
2016/04/12

「未来創造探求」「産業社会と人間」のガイダンスを開催

| by システム管理者
 4月12日(火)2年生を対象に「未来創造学」のガイダンスが、13日(水)1年生を対象に「産業社会と人間」のガイダンスが行われました。
 2年生が今後2年間かけて取り組む「未来創造探究」とは、福島県及び企業・関係団体、大学・国際機関と連携し、グローバルな課題である「原子力災害からの復興」をテーマの中心に据え、その原因、背景、過程について同種事例なども参考にしつつ、研究・検証し、グローバルな視点から地域課題の解決及び地域再生を図っていこうとする学びです。
 その目的や探究領域の概要、年間計画の説明をうけ、今後の学習について把握しました。その後、各探究班に分かれて自己紹介を行いました。
 1年生が取り組む「産業社会と人間」では、小・中学校での「ふるさと創造学」の学習を継承し、双葉郡内の小中学生や地域住民など様々な立場の人たちとの交流をつうじて、ふるさとの歴史・文化や産業を学ぶとともに、進んで社会参加や地域貢献をするために必要な知識や課題に向けて主体的、協働的に取り組む力を養う科目です。ガイダンスでは、年間計画や活動の意義について説明があり、人材育成のアンケート調査をしました。

<説明の様子>

☆各班ごとの自己紹介の様子

17:00 | 今日の出来事

お知らせ

本日誕生!双葉郡8町村ふるさと名産品入りたこやき(仮称)
産業社会と人間「未来創造ゼミ」の「祭りの力」班では、双葉郡の8町村それぞれの名産品をミックスしたたこやき(すばらしい発想だ!)を、本日、生み出しました。校長室と職員室でさっきまでいただいていました。とにかく、うまい!



 

お知らせ

「未来創造ゼミ」スタート!(「産業社会と人間」後期)
前期で学習した地域の課題を考えながら、地元地域を活性化できるようなイベントを作る。「スポーツの力」(為末大さん、秋本真吾さん)では、新しいスポーツを作る。「祭りの力」(箭内道彦さん)では、新しい祭りを作る。「ドラマの力」(平田オリザさん)では、舞台を作る。「アートの力」(宮田学長)では、陶土を使って大型の作品を制作する。
創造は大変だが、楽しい!
↓スポーツの力

↓ドラマの力



↓アートの力







↓祭りの力
 

宇宙飛行士 山崎直子さんの授業

宇宙飛行士 山崎直子さんによる特別授業が行われました。1コマ目は宇宙飛行士という仕事についての講義、
2コマ目はこれから来る宇宙の未来についての講義と、山崎さんに聞いてみたいことをグループで考えて、質問しました。
山崎さんは、「動くことで、やる気スイッチが入っていく」、「ものごとの本質や大切なことは、案外近くにある」、
「今の自分や目の前にあるものを俯瞰してみる」、「多様な人たちとどううまくやっていくか」といったお話を優しくしていただき、
生徒たちは、熱心に聞き入っていました。「あなたも宇宙人よ!」と言われた生徒もいましたね。山崎さん、ありがとうございました!






 

ふるさと創造学 フィールドワーク

ふるさと創造学 フィールドワーク
2015/07/01

対話劇作成(その2)

| by システム管理者
本日も、あの平田オリザさんに来校していただき、まる一日対話劇の指導をいただきました。生徒たちは、フィールドワークの結果をもとにつくった対話劇を一生懸命演じて、オリザさんからときにあたたかい、ときに厳しいアドバイスを受けていました。この1週間で驚くほどよくなりました。この中で、先生たちもびっくりするような「変化」のあった生徒が何人もいました。そして、壁にぶつかった生徒たちも。等しく、成長のチャンスです。みんな、がんばれ!


21:19
2015/06/24

オリザ先生の指導による対話劇作成

| by システム管理者
先日のフィールドワークをもとに各班で作成した対話劇のプロットについて、平田オリザ先生から指導いただき、各班とも先生から宿題をもらいました。「対話」ってけっこう難しいですね。でも、ここからが本当の勉強です!みんな、がんばれ!


17:15
2015/06/10

フィールドワークのまとめと対話劇プロットづくり

| by システム管理者
フィールドワークで聞き取ってきたことをまとめるとともに、対話劇のプロットを考えます。場所は、背景は、問題は・・・  頭をひねります。

19:39
2015/06/10

広野町役場でフィールドワーク

| by システム管理者
フィールドワークの様子続きです。広野町役場です。広野町役場の皆さん、いつも本当にありがとうございます!

19:23
2015/06/10

富岡土木事務所でフィールドワーク 

| by システム管理者

1年次の「産業社会と人間」の、「ふるさとを知る~ふるさとを表現する」のフィールドワークの様子です。20班に分かれ、役場や商店街などに出向き、地域の課題を調査しました。この班は、富岡土木事務所(広野町)に行って、防潮堤などの工事現場を視察して、お話を伺いました。富岡土木事務所の皆様、お忙しいところ、丁寧にご説明いただき、ありがとうございました!


19:14

「産業社会と人間」全体計画

1年次の「産業社会と人間」の年間計画です。本校の先進的な教育の核となる学習計画です。
産業社会と人間 年間計画.pdf
 

2015.4.15 平田オリザ氏による特別授業


「ふるさと創造学」の授業で、特別講師 平田オリザ先生による特別授業が行われました。



平成27年4月15日の授業は、宝くじの収益金の一部で実施されました。
 

ふるさとを知る ~ ふるさとを表現する

1年次の「産業社会と人間」の、「ふるさとを知る~ふるさとを表現する」(平田オリザさん編集授業)の様子です。
○フィールドワークの行き先を決めています。



○フィールドワークの準備で、行き先の事業所などについて調べています。